ゴルフ肘について

ゴルフ肘は、特にゴルフプレーヤーに多い事からそう呼ばれるようになった症状で、正式名称は上腕骨内側上顆炎です。

ゴルフのスイングやフォームを行う事で、肘の内側にある内側上顆という骨が出っ張った箇所周辺に炎症を起こして発症します。

その症状は一度発症してしまうと、スイング時に痛みを感じるだけでなく、腕を曲げたり引っ張ったりひねる等の運動や、物を掴んだり握ったりするだけでも痛みを伴うので日常生活にも支障が出ます。

ゴルフ肘はスイングフォームがスムーズで肘に負担をかけない上級者では無く、始めたばかりの初中級者に起こりやすいです。また上級者でも腱は筋肉と違って鍛えられないため、中高年になると発症しやすくなります。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘の原因は、無理なスイングをしたりダフリで手首や腕の筋肉を使い過ぎて疲労が蓄積して、上腕骨内側上顆に負荷が掛かって炎症を起こして発症します。

ゴルフ肘になりやすい負担をかけるスイングには、次のようなものあります。クラブを強く握って力んだ状態や、腕の力だけで全身の使わずスイングしたり、ダフリ続けると上腕骨内側上顆に負担が掛かりやすくなります。

ゴルフ肘の診断法と治療法

ゴルフ肘は、骨折ではないためレントゲンでは無く、患部を触る触診で診断を行います。治療方法は、肘に負担が掛からないように安静にして自然治癒を待ちます。

痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤を服用したりシップを患部に貼ったり、ステロイドの局所注射などを用いて治療します。

ゴルフ肘なら純心接骨院にお任せください

ゴルフ肘なら練馬区にある純心接骨院にお任せください。

当院では施術前にしっかりとカウンセリングを行いどこが痛いのか、どのような動きで痛むのかなどお悩みをお聞き致します。その後、治療計画を立て患者様お一人お一人に合った施術方法をご提案します。的確な施術を施すことであなたのお悩みを解決いたします。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:03-5935-7668

WEB予約

純心接骨院

住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-20-28

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日