テニス肘について

テニス肘とは、名前の通りテニスのようなスポーツで、手首を使った時に発症する肘の痛みの事です。正式名称は上腕骨外(内)上顆炎とも言い、肘の前腕伸筋腱付着部に起こる炎症です。

特にテニスなどのラケットを持って行うスポーツで発生しやすい事で、この名で呼ばれるようになりましたが、それ以外にもゴルフや卓球やバトミントンや剣道などでもよく発症します。

またスポーツだけでなく、同じように重い鍋で調理するコックや配管工など手首を使う職業や、宅配業など重い荷物を運ぶ職業従事者も発症しやすいです。

テニス肘の原因

テニス肘の原因は、ラケットを振ってボールをたたく瞬間に手首に衝撃が伝わって、その衝撃が肘の前腕筋腱付着部にまでダメージを伝えて起こります。

それゆえ、テニスの上級者ではなくラケットのスイートスポットにボールを当てる事が難しい初中級者などの未熟なプレーヤーに起こりやすいです。

肘の外側を痛めるバックハンドと内側を痛めるフォアハンドの2タイプの受傷があり、それら違いが起こる原因はラケットの材質やガットの硬さや破損など道具による要因が大きいです。

テニス肘は骨の異常ではないのでレントゲンではなく、触診や物を握った状態で患者に手首を動かしてもらった時の痛みの有無で診断します。

テニス肘の治療法

テニス肘の治療は、患部を動かさないようにして鎮痛消炎効果のあるシップを貼る保存療法が一般的です。殆どの場合は、保存療法で安静にしていれば痛みが治まりますが、稀に手術が必要な場合もあります。

テニス肘なら純心接骨院にお任せください

テニス肘でお悩みなら練馬区にある純心接骨院にお任せください。

当院では、どんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り、分かりやすく説明しています。説明を理解してもらった上で患者様お一人お一人にあった施術を行ってまいります。痛みが悪化する前に、是非、気軽にご相談ください。御来院を心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:03-5935-7668

WEB予約

純心接骨院

住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-20-28

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日